HOME

排水設備工事責任技術者登録

【平成29年度 千葉県下水道協会共通試験合格者の登録について


 平成30年3月31日(土)までに排水設備工事責任技術者証の交付を受けたい方は、以下の登録受付期限までに手続きして下さい。また、登録受付期限を過ぎても、合格証に記載された有効期限内において、千葉県下水道協会へ責任技術者の登録を申請することができますが、排水設備工事責任技術者証の有効期限は合格証の有効期限となります。
 なお、5年ごとに登録の更新があり、有効期限前に更新手続き及び更新講習を行いますのでご承知おき下さい。


登録申請方法


 登録申請書類を登録申請用封筒へ入れて、普通郵便にて千葉県下水道協会事務局へ送付してください。


登録受付期限


 平成30年2月23日(金) 当日消印有効

手数料


 登録手数料 3,000円

登録申請書類


 ※詳しくは共通試験合格者へ郵送される登録案内をご覧ください。

  書類  備考 
 1 下水道排水設備工事責任技術者登録届(様式第5号) 
 2 誓約書  成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者でない旨を誓約
 3 登録手数料の振込を証する書類の写し 手数料振込の受付書等をコピーして提出
 4 返信用封筒(責任技術者証在中)  宛先を記入(切手不要)
 5 住民票(原本) ※受験申込後に住所の変更があった方のみ提出
 
 6 戸籍抄本又は戸籍個人事項証明書(原本) ※受験申込後に氏名の変更があった方のみ提出


 返信用封筒の宛先は、自宅・勤務先のいずれでも構いませんが、勤務先に送付する場合でも申請者本人の氏名を必ず記載して下さい。

 申請を取り消した場合でも書類は返却できません。



排水設備工事責任技術者証の交付


 後日、千葉県下水道協会事務局より簡易書留郵便にて送付します。
 提出書類及び写真に不備・不足等がある場合は、整うまで排水設備工事責任技術者証は交付しませんのでご注意ください。


【千葉県外で認定された共通試験合格者及び責任技術者の登録について】


 千葉県下水道協会では、平成24年度から他の都道府県協会等が実施する下水道排水設備工事責任技術者共通試験に合格した方、又は、登録更新講習の受講により共通試験合格者と同等の資格者であると認められている方(現在、登録している都道府県協会等において、共通試験導入年度から実施した更新講習の受講が完了している方)を対象に、千葉県下水道協会の排水設備工事責任技術者として登録が可能となりました。

 登録を希望する方は、事務局へ「外部登録案内」をご請求ください。但し、責任技術者として登録できるのは、登録申請日において共通試験の合格証又は登録更新講習修了証が有効期限内である方です。

 なお、千葉県下水道協会から排水設備工事責任技術者証の交付を受けた場合は、排水設備工事責任技術者証に記載する有効期限前に、当協会の規定する登録更新手続き及び更新講習の受講(5年ごとに更新)が必要となりますのでご承知おきください。

 ※ご注意 排水設備工事指定工事店の登録は、県内市町村等担当課へ申請ください。

外部登録案内の請求方法

 封筒の表に「外部登録案内請求」と朱書きし、返信先(郵便番号・住所・氏名)を書いたラベル、切手※、及び請求数を書いたメモを同封して、千葉県下水道協会事務局へ請求して下さい。

 但し、年度の最終受付は、2月20日となります。(当日消印有効)

 ※外部登録案内1通の場合140円、2~3通の場合205円、4~5通の場合250円分の切手を同封して下さい。(返信用封筒は不要です。)
 ※請求数の記載がない場合は、郵送料の範囲の最小数を送付します。

書類請求先

※切り取って宛先ラベルとしてご使用ください。

 〒260-8722

 千葉市中央区千葉港1-1 千葉市役所7階
 千葉市下水道経営課内

  千葉県下水道協会事務局 行
 
           (外部登録案内請求数___部)


登録申請方法


 登録申請書類を登録申請用封筒へ入れて、普通郵便にて千葉県下水道協会事務局へ送付してください。


登録申請書類の受付期限


 毎月末日で締め切ります。(当日消印有効)
 但し、年度の最終受付は、2月末日となります。(当日消印有効)

手数料


 外部登録手数料 5,000円

登録申請書類


 ※詳しくは登録案内をご覧ください。

  書類  備考 
 1 下水道排水設備工事責任技術者登録申請書(様式第6号) 
 2 登録資格証明書類 (1)~(3)のいずれか1つ

(1)下水道排水設備工事責任技術者共通試験の合格証の写し(共通試験導入以前に交付の合格証は不可)

(2)下水道排水設備工事責任技術者登録更新講習の修了証の写し(共通試験導入以前に交付の修了証は不可)

(3)下水道排水設備工事責任技術者共通試験に合格した者、又は、それに準ずる者であることを証明する書類(都道府県協会等の試験・登録更新実施機関、又は市町村が交付したもの。)

 ※有効期限の明記されているものを提出してください。
 3 住民票(原本) 発行日から3か月以内のもの
 4 誓約書  成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者でない旨を誓約
 5  排水設備工事責任技術者証の写し 現在、交付を受けている排水設備工事責任技術者証。
白黒コピー可
 6 登録手数料の振込を証する書類の写し 手数料振込の受付書等をコピーして提出
 7 返信用封筒(責任技術者証在中)  宛先を記入(切手不要)
 8 戸籍抄本又は戸籍個人事項証明書(原本) ※氏名の変更があった方のみ提出


 返信用封筒の宛先は、自宅・勤務先のいずれでも構いませんが、勤務先に送付する場合でも申請者本人の氏名を必ず記載して下さい。

 申請を取り消した場合でも書類は返却できません。


排水設備工事責任技術者証の交付


 翌月末日までに交付します。
 ただし、提出書類及び写真に不備・不足等がある場合は、整うまで排水設備工事責任技術者証は交付しませんのでご注意ください。



HOME