HOME

排水設備工事責任技術者共通試験

平成29年度 共通試験の実施について

※平成29年度の共通試験は、平成30年1月13日(土曜)に実施します。合格発表日は、平成30年2月14日(水)の予定です。

試験概要


試験日時  平成30年1月13日(土) 午前10時30分から2時間 
試験会場 千葉市総合保健医療センター
(千葉市美浜区幸町1-3-9)
試験科目  法令分野と技術分野の2科目 (マークシート方式)
受験手数料 10,000円
合格基準  100点満点中、総得点が70点以上で、かつ、法令・技術の各分野の得点率が50%以上の者。
受験申込書配布期間 平成29年9月4日(月)~平成29年10月6日(金) 祝日、土・日を除く
受験申込書配布場所  千葉県下水道協会事務局(千葉市役所7階 下水道経営課内)

(郵送希望の方)
封筒の表に「受験申込書請求」と朱書きし、返信先(郵便番号・住所・氏名)を書いたラベル、切手※、及び請求数を書いたメモを同封して、千葉県下水道協会事務局へ請求 (10月6日(金)当日消印有効)
※受験申込書1通の場合140円、2通の場合205円、3通の場合250円、4~7通の場合380円、8~10通の場合570円分の切手を同封して下さい。(返信用封筒は不要です。)
※請求数の記載がない場合は、郵送料の範囲の最小数を送付します。
受験申込受付期間 平成29年9月4日(月)~平成29年10月12日(木) 当日消印有効

書類請求先


※切り取って宛先ラベルとしてご使用ください。

 〒260-8722

 千葉市中央区千葉港1-1 千葉市役所7階
 千葉市下水道経営課内

  千葉県下水道協会事務局 行         

                (受験申込書請求数___部)  


受験資格


試験日において年齢が満20歳以上(平成10年1月14日以前に生まれた方)で、次のいずれかに該当する方が対象となります。

資格番号  受 験 資 格 
  1
学歴
学校教育法に基づく高等学校以上の土木工学科又は土木科、農業土木科、農業工学科、建築科、建築工学科、設備工学科、衛生工学科を修了して卒業した者。 
  2
学歴

実務経験
①学校教育法に基づく高等学校以上の学校を卒業した者で、排水設備工事等(排水設備工事又は排水設備工事以外の下水道工事あるいは水道工事)の設計又は施工に関し、受験申込日において1年以上の実務経験を有する者。
--------------------------------------------------
②学校教育法に基づく高等学校以上の学校を卒業した者で、農業集落排水施設等(農・漁業集落排水施設、コミュニティプラント、合併処理浄化槽等)の工事の設計又は施工に関し、受験申込日において1年以上の実務経験を有する者。
  3
実務経験
①排水設備工事等の設計又は施工に関し、受験申込日において2年以上の実務経験を有する者。
--------------------------------------------------
②農業集落排水施設等の工事の設計又は施工に関し、受験申込日において2年以上の実務経験を有する者。
  4
学歴 
学校教育法に基づく専修学校又は各種学校の土木又はこれに相当する課程を修了した者及び公共職業訓練施設において配管科を修了した者。


 2①の「排水設備工事以外の下水道工事あるいは水道工事」とは、地方公共団体等が発注する工事のことです。

 (注)次のいずれかに該当する者は受験できません。
   ・成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権していない者。
   ・不法行為又は不正行為等によって試験の合格又は責任技術者としての登録を取り消され、2年を経過していない者。

 上記の資格は、「下水道排水設備工事責任技術者資格認定に関する実施要綱・要領」に基づくものです。


申込書類


※詳しくは受験申込案内をご覧ください。

           書 類 備 考
 1 下水道排水設備工事責任技術者共通試験受験申込書兼登録書(様式第1号)  カラーの証明写真(縦4cm×横3cm)1枚
3か月以内に撮影したものに限る
正面顔写真、脱帽、背景および枠なし、裏面に氏名を記入のうえ写真欄にのり付け
 2 受験票 カラーの証明写真(縦4cm×横3cm)1枚
3か月以内に撮影したものに限る
正面顔写真、脱帽、背景および枠なし、裏面に氏名を記入のうえ写真欄にのり付け
 3 受験手数料の振込を証する書類の写し 手数料振込の受付書等をコピーして提出
 4 住民票(原本) 発行日から3か月以内のもの
 5 受験資格証明書類 該当する受験資格により必要な書類を提出

A.卒業(修了)証明書の原本又は、卒業(修了)証書の写し

B.実務経験証明書(適宜作成)
 従業員等雇用されている者が受験する場合の証明。
 1事業所で経験年数が満たない場合は、2箇所以上の勤務先から証明を受けること。
 雇用主等代表者本人が受験する場合は、Bではなく、C宣誓書を提出

C.宣誓書(適宜作成)
 A・Bの証明書を得られない場合に、受験者本人が署名押印のうえ作成
 6 返信用長封筒(受講票在中) 宛先を記入(切手不要)
 7 返信用大封筒(合否通知在中) 宛先を記入(切手不要)


 返信用封筒の宛先は、自宅・勤務先のいずれでも構いませんが、勤務先に送付する場合でも申請者本人の氏名を必ず記載して下さい。

 申請を取り消した場合でも書類は返却できません。


関連図書

(図書名)
排水設備工事責任技術者講習用テキスト(2017年4月発行)  2,500円(税込)
排水設備工事責任技術者試験標準問題集(2017年4月発行)  2,000円(税込)
下水道排水設備指針と解説(2016年12月発行)       8,000円(税込)

※金額は変更される場合があります。

(購入方法)
以下のホームページから申込できます。(スマートフォン・タブレットでも可能)

公益社団法人日本下水道協会
URL  http://www.jswa.jp  トップページ→刊行物のご案内→発行図書
電話 03-6206-0251(代表)




平成29年度 通試験合格者一覧

平成30年2月14日(水)に掲載予定です。


HOME